2005年04月16日

バックカントリー in 扇沢

楽しい楽しいバックカントリー!
昨年は乗鞍やヘリスキーで有名な天狗平。
この扇沢は初めてです。この扇沢からは黒部行きのバスがでます。


050416-BC01.jpg
朝ちょっと遅めの出発。準備中。今回は7人のパーティー。


050416-BC12.jpg   050416-BC02.jpg
先に見える山を目指します。約5時間前後の登山ですな。


050416-BC03.jpg   050416-BC04.jpg
途中で大きな雪崩の痕が。数日前に起きたと思われ。
この時期の雪崩に巻き込まれたらまず助からないでしょう。
非常に硬い重い塊がごろごろと転がってます。人より大きな塊がゴロゴロ


050416-BC05.jpg
コグマの足跡。もう冬眠から覚めとるんやね。


050416-BC06.jpg
腹ごしらえはお湯を沸かしてスープやカップ麺。
これがたまらん。ちかっぱウマイっつぇexclamation


050416-BC07.jpg
ひたすら上を目指します。
雪質は時期が時期なんでざら目に近いですが、午後になってくると、
表面が硬くなってきます。滑りにくくもなります。
でもこの遊びの楽しみは登りが80%くらい。
4〜5時間かけて上って降りるのは数十分なんて意味分からん。
とか言う人もいますが、これはやらんと分からんパンチ


050416-BC08.jpg
上からの景色。あとは誰もいないこのバーンを突っ走るだけexclamation


050416-BC09.jpg
基本的にここは沢になるので途中にはこのような
堰があります。ここが落ち系アイテムになります。
ただ、堰際には隙間があることが多いので(中は深い)
よーくチェックして思い切って飛ぶひらめき


050416-BC10.jpg
降りたころには陰ってきました。
滑るときは、スノーシューとポールはバックパックに装着します。
スノーシューはTSLを使ってるけどこれいまいち。横滑りに弱い。
MSRはかなり良さげ。買い換えるかなぁ。


050416-BC11.jpg
途中でキッカー作って遊んだりもして、今回は延べ7時間ほど遊びました。
大満足の1日でしたわーい(嬉しい顔)


【関連する記事】
posted by nakaG at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | snow | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。